White Bear V3の新バージョンがリリース!白熊君は常に進化中


White Bear V3の新バージョンがリリース!白熊君は常に進化中White Bear V3の新バージョンがリリース予定です。白熊君は常に改良が加えられ、ロングヒットしているEAです。

こんばんは!みかです。

11月に大きなドローダウンを喰らってしまったWhite Bear V3ですが、

これに対応した新バージョンが完成したようです!

前回のドローダウンを振り返ってみると、
欧州中銀金融政策や米新規失業保険申請件数の発表を受けて、
ユーロドルが一気に200pips以上急落。

White Bear V3はこれをトレンドと判断して、
エントリーするも急激に動いた相場は戻りも強烈ということで、
ことごとくストップにかかるという結果となりました(;´▽`A“

まさにスキャルピングEAの宿命というか、
一番嫌なパターンの相場になってしまいましたね(;^_^A

これを受けて、White Bear V3のラッコさんが

「1時間足で指定pips以上離れた場合は12時間エントリーを抑制する」

という改良版投入を示唆していましたが、
さらにフィルターを追加する形でバージョンアップするみたいです(^^

内容としては、

「5分足で100 pips、15分足で150 pips、
もしくは1時間足で200pips以上変動したとき、
その後12時間エントリーを抑制」

といったもので2010年11月15日~2013年11月14日の
3年間のバックテストは以下のようになっています。

  • White Bear V3.08(現行バージョン)
    PF       :2.68
    勝率      :85.2%
    最大ドローダウン:460.30(3.28%)
    純利益     :3609
    トレード数   :1140
     
  • White Bear V3.14(新バージョン)
    PF       :5.14
    勝率      :90.1%
    最大ドローダウン:361.71(2.52%)
    純利益     :4918
    トレード数   :1091

数値だけではちょっと分かりにくいですが、

11月のドローダウンはもちろん回避しており、
全体的な成績も向上しています!

12時間もエントリーを抑制するとトレード数が激減するかなと
思っていたんですが、こうしてみるとそうでも無いですね(;^_^A

そもそも11月のように短時間であれだけ急落するのが
レアケースなので条件に当てはまる事が少ないのかもしれません。

新バージョンリリースはfx-on.comさんでのチェック後、
2週間から1ヶ月の稼働チェックを経た後になるので、
順調に行けば12月中には公開されそうですね(^^

ちなみに、このバージョンアップは無料です!

私もシステムトレードを始めるようになってから、
30以上のシステムを検証してきましたが、
無償でここまで頻繁にバージョンアップしてくれるEAは初めてです。

バージョンアップすれば必ず成績が向上するという保証は無いのですが、
それでもEAに欠点が見付かった時に対策に乗り出してくれる
開発者さんの姿勢は購入者としても非常に安心ですよね(^^

正直、売りっぱなしで成績が悪くなってくると、
問い合わせしても返答無しなんて販売者さんも結構いますからね~。

fx-on.comに登録されているEAの中でも
White Bearシリーズは圧倒的に売れているんですが、
それもラッコさんに対する信頼の現れなんだと思います(^^

また、前身のWhite Bear V1は既に1年半以上
現役バリバリで稼働しているEAです。

これだけ長期に渡って通用するのも
こまめなバージョンアップで対応して来たからなんでしょうね~。

12月は既にプラススタートを切っていますし、
今後新バージョンも出てくるということで非常に楽しみです♪

これからシステムトレードを始めたいと思っている方は
常にバージョンアップして進化しているWhite Bear V3から
スタートすることをオススメします(^^

Forex White Bear V3の詳細はこちらをご覧下さい↓↓↓

Forex White Bear V3 検証・レビュー・評価





あなたの応援が記事更新の活力になります。

1日1回のランキングの応援ポチありがとうございます♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 人気ブログランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ