Forex White Bear V3 検証・レビュー・評価


Forex White Bear V3 検証・レビュー・評価スキャルピング型EAのForex White Bear V3の検証・レビュー・評価です。従来のWhite Bearシリーズを継承・進化させたV3についてご紹介します。

※8月14日更新:WBV3の2016年7月の運用実績を追加

Forex White Bear V3の検証を開始しました(^^

従来のV1、V2シリーズのロジックをベースに、
改良・進化したシステムとして、
前々から注目していたんですよね。

それでは、早速、Forex White Bear V3について、
検証・レビューしていきます(^^

Forex White Bear V3の特徴

Forex White Bear V3はV1と同様に、
非ナンピン、非マーチンゲールタイプのEUR/USD(5分足)専用、
逆張りスキャルピングシステムです。

デフォルトでWhite BearとBrown Bearという
2つのEAが組み込まれており、最大で9つのポジションを保有します。

エントリー自体は従来のWhite Bearシリーズを継承していますが、
独自のイグジット・クローズ(決済)方式を採用して、
トレード時間の短縮を図ることで、より安定性+利益を追求しています。

私が先日購入したForex White Bear V1と全く同じ設定で、
稼働させることも可能です。

1つのEAでV1とV3どちらも稼働させることが出来るため、
非常にお得なEAに仕上がっています(^^

検証開始後の運用実績、成績

私がForex White Bear V3を運用開始してからの成績です。

    ◆2013年の成績

  • 5月 : -55.8pips
  • 6月 : +100.6pips
  • 7月 : +99.4pips
  • 8月 : +359.8pips
  • 9月 : +64.4pips
  • 10月 : +112.5pips
  • 11月 : -379.6pips
  • 12月 : +9.5pips

2013年合計:+310.8pips

    ◆2014年の成績

  • 01月 : +116.4pips
  • 02月 : -157.9pips
  • 03月 : +92.5pips
  • 04月 : -84.7pips
  • 05月 : +162.2pips
  • 06月 : +179.7pips
  • 07月 : +57.9pips
  • 08月 : +56.2pips
  • 09月 : +9.1pips
  • 10月 : +120.4pips
  • 11月 : +3.2pips
  • 12月 : -250.3pips

2014年合計:+304.7pips

    ◆2015年の成績

  • 01月 : +21.3pips
  • 02月 : +77.6pips
  • 03月 : +40.7pips
  • 04月 : +116.4pips
  • 05月 : -16.6pips
  • 06月 : +135.1pips
  • 07月 : -587.9pips
  • 08月 : +39.4pips
  • 09月 : -54.3pips
  • 10月 : +50.7pips
  • 11月 : +78.1pips
  • 12月 : -24.2pips

2015年合計:-123.7pips

    ◆2016年の成績

  • 01月 : +0pips
  • 02月 : +215.1pips
  • 03月 : +14.9pips
  • 04月 : -48.2pips
  • 05月 : +19.3pips
  • 06月 : +72.3pips
  • 07月 : +183.9pips

2015年合計:+457.3pips

検証開始から2年以上経過していますが、いまだに陳腐化することなく、
現役バリバリで稼働中です。

2015年に入ってからは、月単位負けなしで連勝中!

2013年と2014年も月単位ではほとんど負けていません。
安定志向の方にオススメのEAですね(^^

Forex White Bear V3の総評

Forex White Bear V3はV1よりも更に安定性を重視した
スキャルピングEAですね~。

V1とV3を比較すると、どちらを買かうか迷う所だと思いますが、

過去の実績や値段で選ぶならV1
今後の期待を込めて選ぶならV3

です。

私としては、V1モードと同じ設定で動かすこともでき、
応用の幅が効くForex White Bear V3がオススメです(^^

同じFX会社で運用という条件が付きますが、
Forex White Bear V3自体とV1モードを
別々に自動売買運用することも可能です。

どちらにしても、過去実績は申し分ない
Forex White Bearシリーズだけに、
トレードの安定性を重視している方にオススメしたいシステムですね♪

Forex White Bear V3の詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓↓

Forex White Bear V3の詳細はこちら





あなたの応援が記事更新の活力になります。

1日1回のランキングの応援ポチありがとうございます♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 人気ブログランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメント/トラックバック(6)|

カテゴリー:fx-on EA

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. りんだ より:

    みかさんありがとうございます!!!

    なるほどです。
    今後、長い目で見てFXをやりたいので、裁量の方もやっていきたいのですが、完全自動となると、もちろん決済は見れますがそのやり取りや、チャートの流れなど肌で体感できない気がするのですがどうですか?
    FOREXと併せて、裁量が勉強できるようなお勧めもありますでしょうか。
    というか、みかさん経由で買えばそこまでのフォローも可能でしょうか。
    正直なところ、本やネット上で勉強をしていますが、一人で1からとなるとスピード感というところでも厳しくかんじています。
    何度もすみませんが、ご返信お願い致しますm(._.)m

    • みか より:

      ★りんださん

      こんばんは!みかです。

      質問ありがとうございます(^^

      こちらも同じような疑問を抱えている方が多そうなので、
      最新記事にアップしてみました。

      http://fxsiyo.com/question/manual/

      FXは一人で1からだと厳しいですよね(;^_^A
      私も同じような経験をしたので、お気持ち良く分かりますw

      裁量トレードに関しては、私自身あまり結果を残せていないので、
      大したアドバイスは出来ませんが、資金管理や分散投資などは
      サポートする事が可能です。

      よろしければ、ご検討下さいね♪

  2. 39養分 より:

    いつも楽しく拝見しています。
    私は約20年間養分スロッターだったのですが、みかさんのパチスロブログで勝ち方を教えてもらい、ここ2年間は副業ながら期待値を追いプラス収支を出せるようになりました。
    みかさんが、FXのブログを立ち上げてちょくちょく拝見していたのですが、FXはやったことがなくど素人でなかなか踏ん切りがつきませんでしたが、思い切ってやってみようと思うようになりメールしました。
    素人で申し訳ありませんが、みかさんのおすすめにもあったForex White Bear か窓埋めEAプラスアルファーを活用したいと思っているのですが、それぞれでみかさんの運用しているFX証券会社と口座の組み合わせなどありましたら教えてください。
    また、最初は30万ぐらいの軍資金を考えているのですが、この額でもだいじょうぶでしょうか?長くなって申し訳ありませんがご指南お願いします。

    • みか より:

      ★39養分さん

      いつも見て頂いてありがとうございます!

      長くなってしまいましたので、
      メールにてご連絡させて頂きました(^^

      ご確認下さいね。

  3. y.y より:

    いつも、拝見させて頂いております。

    White Bear V3の購入を検討中ですが、FXDDのMT4で、FXDDが提供しているヒストリカルデータを用いて、期間を2005.01.01~現在、スプレッド:2.0 pips(MT4での設定は20)でのバックテスト結果を教えて頂けないでしょうか。

    公式サイトに問い合わせしても、返事が頂けていないので、みかさんに相談させて頂きました。

    大変、お手数をお掛けする作業だとは存じておりますが、お願いできれば幸いです。

    • みか より:

      ★y.yさん

      White Bear V3に関しては、
      FXDDはスプレッドが広いため、
      あまり推奨されていなかったと思います。

      できれば、PepperStoneでの運用を
      検討して頂いた方が良いかと思います。

      バックテストについては、
      時間が取れるかどうか分かりませんが、
      出来たら、後日記事で紹介しますね。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ