3月の為替相場の特徴は?年度末相場、レパトリに注意


3月の為替相場の特徴は?年度末相場、レパトリに注意年度末相場、3月の為替相場の特徴とは?日本の企業の多くは期末決算を3月にしている所が多いため、レパトリに注意しましょう。

こんばんは!みかです。

今週に入ってから為替相場が荒れていますね~。

短時間で一気に上昇したと思ったら、
一気に下落したりと、システムトレーダーにとっては
冷や冷やものの展開が続いています(;^_^A

一般的に3月の為替相場はレパトリといった
現象が起こりやすい月と言われています。

レパトリとは、レパトリエーションの略で、
外国に投資していた資金を本国に戻すことを指しています。

日本では、中間決算を9月、期末決算を3月にしている企業が多いです。

そのため、海外に進出している企業は、
海外で得た利益(外貨)を売って、円を買ったり、
海外資産を売却して、円に換金する動きが活発化してくるため、

円高になりやすいという構図があるようです。

また、海外企業でも1~3月の決算期末が迫る所もあるため、
まとまったドル売りやドル買いなど、
決算要因による特殊な注文が入りやすい状況です。

こういう時はテクニカルや経済指標などを無視して、
単発的に上下動を繰り返す動きになることも多いため、

特に今週から31日にかけては注意が必要そうですね。

複数のシステムでリスク分散しながら
運用している方は影響が少ないかもしれませんが、
まだ運用しているシステムの数が少ない方は要警戒の1週間です。

不安な方は、今週から31日にかけてトレードを
お休みするのも一つの手かと思います(^^

為替相場の動きが予想しづらい局面では、

「休むも相場」なんて格言もあるくらいですからね。

欲張らずに通常相場の落ち着いている時期に、
コツコツと利益を頂いて行きましょう!





あなたの応援が記事更新の活力になります。

1日1回のランキングの応援ポチありがとうございます♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 人気ブログランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ