【FXシストレ】2015年3月9日~3月13日の週間成績検証


FXシストレ2015年3月9日~3月13日の週間成績2015年3月9日~3月13日の週間成績検証です。週単位で2連敗中でしたが、何とか連敗ストップすることが出来ました(^^

週間成績ランキング(2015年3月9日~3月13日)

トータル成績:+16pips(+3,296円)

※利益順のランキングです。
各システム名のリンクよりレビューページに飛べます。

運用口座:OANDAジャパン外為ファイネストSBI FXTRADE
推奨口座:Myfxmarkets
利用サービス:お名前.comデスクトップクラウド

1位は絶好調キープのWhite Bear V1EX

White Bear V1EX

White Bear V1EX絶好調ですね~(*´∀`*)
+108.2pips(+32,852円)の獲得で2015年週単位最高益を記録!

右肩上がりで収支が伸びてきています♪

ラッコさんのEA群の中でも、収益率で頭一つ抜き出ています。
無料で入手できる口座開設案件ではイチ押しです(^^

⇒White Bear V1EXの詳細はこちら

2位は年が変わっても好調キープのナイトゼロFX2014

ナイトゼロFX2014

ナイトゼロFXも先週は2015年最高益を記録して
+195.6pips(+19,460円)でした♪

2月最後の週に大敗した時は嫌な予感がしましたが、
杞憂だったみたいですね(^^

ナイトゼロFXは自動売買ではありませんが、
デイトレードスタイルで、1日でトレードが完結するため、
ポジション持ち越しによる余計なリスクを取らない点が良いですね。

毎日0時のサインが楽しみです(笑)

⇒ナイトゼロFX2014の詳細はこちら

3位は資金管理が抜群のForex Solid!

Forex Solid

Forex Solidも2015年最高益を記録してくれて、
-18.4pips(+11,306円)でした。

pipsではマイナスなのに、円ベースではプラスになるのが、
Forex Solidの特徴の一つです。

内部的に2つのロジックでトレードを行っていますが、
どちらかが悪くても、どちらかが良い
リスク分散が機能した1週間でしたね~。

ただ、毎回スイングポジションが足を引っ張っている気がするので、
そろそろ活躍してもらいたいです(笑)

⇒Forex Solidの詳細はこちら

最下位に沈んだのはTomo_BigBreak2・・・

Tomo BigBreak2

逆に2015年一番の負けを喫してしまったのが、Tomo_BigBreak2で、
-302.5pips(-36,533円)でした(;´▽`A“

今までコツコツ積み上げて来た貯金をドカンと減らして、
一気に年間収支マイナスに転落しました(;^_^A

Tomo_BigBreak2ももうすぐ検証開始から1年が経過しますが、
パッとしない成績が続いていますね~。

今月の成績次第では検証終了も視野に入れたいと思います(;^_^A

⇒Tomo BigBreak2の詳細はこちら

近日中にSCH-Trend systemの検証を開始します!

SCH-Trend system

ブログやメルマガでも告知しましたが、
近日中にSCH-Trend systemの検証を開始する予定です(^^

今年は攻めのポートフォリオ構築で、
収益率の低いEAは外して、
より収益率の高いEAに乗り換えて行きたいと思っています。

そういう意味では、期待のEAですね(*´∀`*)

FX口座開設キャンペーンで無料入手することも可能となりますので、
興味がある方は以下のレビュー記事をご覧下さいね。

⇒SCH-Trend systemの詳細はこちら

総評・まとめ

3月第2週の成績は、
+16pips(+3,296円)でした\(^o^)/

金額的にはイマイチな結果でしたが、
週始めにBandCross3とTomo_BigBreak2が結構なマイナスを計上したので、
個人的にはよくぞ取り返してくれたという感じでした(;^_^A

3月は全体的に不調な成績のEAが多くなっていますが、
ようやく連敗も「2」で止めたので、3月後半の巻き返しに期待したいですね♪

今週はFOMCがあるので、
EAの稼働には注意しながら運用していきましょう\(^o^)/





あなたの応援が記事更新の活力になります。

1日1回のランキングの応援ポチありがとうございます♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 人気ブログランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ