FX スナッチ 2012年4月第5週~5月第1週の成績検証


FX スナッチ 2012年4月第5週~5月第1週の成績検証です。

今回は以前の記事で予告していました、
スナッチの逆指値ストップ設定について書いてみます。

5月4日の雇用統計に代表される重要指標発表時は、
テクニカル無視で相場が一定方向に動くことがあります。

スナッチは、2時間足でトレードするシステムのため、
場合によっては損失が大きくなる可能性があります。

これを防ぐために

重要指標発表直前に、
現在値より50pipsのタイトストップを設定します。

指標発表後の値動きを監視し、ストップにかからないような
落ち着いた値動きの場合は、ストップを解除し、以前の値に戻します。

指標発表後に、相場が上下に荒れるようなケースの場合は、
本来の成績よりも悪くなる場合があります。

逆に、相場が現在のポジションと逆方向に伸びていって
しまう時は利益を確保、もしくは損失を抑えることができます。

重要指標発表時と書きましたが、
昔ほど指標発表により相場が荒れるケースが少なくなったため、
現在は米国雇用統計の時のみ設定しています。

少しでも皆さんのスナッチ運用の参考になれば嬉しいです(^^

それでは、FX スナッチ 2012年4月第5週~5月第1週の成績検証です

検証条件

  • 2時間足xポンド円のみ
  • トレイリングストップ200pipsに設定

週間成績(4月23日~27日)

  • 30日(月):-111.5pips
  • 1日(火):決済なし
  • 2日(水):+25.7pips
  • 3日(木):-29.6pips
  • 4日(金):-37.8pips

トータル検証成績:-153.2pips

実際に私が獲得できた成績です。チャート上の成績とは異なります。

4月第5週~5月第1週はGW+米国雇用統計発表の週とあって、
相場も大きく動かず、スナッチにとっては厳しい戦いを強いられましたね。

それでも2012年の年間成績で見るとまだまだ貯金はありますし、
現在70pipsくらいの含み益があります。

本日でGWも終わるので、来週からはボラティリティが
出てきてくれることを期待しつつ、
トレードを続けて行きたいと思います♪

スナッチの詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓↓

FX スナッチ徹底レビューと特典案内





あなたの応援が記事更新の活力になります。

1日1回のランキングの応援ポチありがとうございます♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 人気ブログランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 強ピッコロ より:

    こんばんは~

    スナッチで重要指標の前などに行ってる設定は
    MT4のターミナルの注文ポジションのとこで
    右クリック→トレイリングストップってやってますか?

    米雇用統計による大きな動きはなかったですね。
    近いうちQE3実施の可能性があるみたいですが
    事前にわかるもんなんですか?
    よく分かりませんが追加緩和ってことは
    米ドル円が一気に5~10円くらい動くってことですか?

    7日には仏大統領選挙、ギリシャ総選挙もあるみたいですが
    相場は結構変わるもんなんですかねー。

    システムなのであまり関係ないですが
    知らないよりはいいので
    ちょっとずつ勉強しようと思ってます(笑)

    • みか より:

      ★強ピッコロさん

      こんばんは!

      スナッチの逆指値ストップ設定は、
      「注文変更または取消」から「決済逆指値」の欄に
      値を指定しています。

      私も経済指標はあまり詳しくないんですが、
      QE3実施はあくまで予想はできると思いますが、
      事前には分からないと思います。

      QE3が実施されれば、円高が進むとは思いますが、
      1日で5~10円は動かないと思います。

      さすがに日本も黙ってはいないでしょう。

      以上、良く分かっていない
      私が直感で回答しました(笑)


コメントをどうぞ

このページの先頭へ