お名前.com Windowsデスクトップは評判上々!


お名前.com Windowsデスクトップは評判上々!インターネット経由で自分専用のPCをリモート操作できるお名前.comのWindowsデスクトップ。大手MT4業者でも採用されており、評判上々のおすすめサービスです。

こんばんは!みかです。

MT4で自動売買する時に、一番ネックになるのが、
自宅のPCを24時間付けっぱなしにしておく必要があることです。

当然、電気代はかかりますし、Windowsアップデートや
ソフトのインストールで再起動が必要になった時に困ります(;^_^A

そんな時に便利なのが、お名前.comのWindowsデスクトップです!

お名前.com Windowsデスクトップとは?

お名前.com Windowsデスクトップの操作画面

お名前.com Windowsデスクトップは、お名前.comが用意する
Windowsデスクトップ環境に、インターネット経由でアクセスし、
リモート操作できるサービスとなっています。

簡単に説明すると、自分専用のパソコンを1台
用意してもらっているようなものです(^^

自宅のPCの電源は落としても、お名前.comの
Windowsデスクトップは24時間フル稼働しているため、
MT4の自動売買に最適な環境となっています。

快適な環境で24時間フル稼働

お名前.comのOSはWindows Server 2008 R2を採用し、
Windows7ライクな操作性となっているため、とても使いやすいです。

機能的にもハイスペックな環境となっているため、
自宅PCの負荷分散として利用することも可能です。

また、MT4取引において大事な24時間フル稼働が可能です。

MT4初心者の方は、見逃してしまいがちな重要ポイントですが、
自動売買する場合は、平日の間は24時間フル稼働が基本です。

途中で再起動してしまうと、サーバーから取得してくる
レートに微妙な差が生まれてしまい、今まで出ていた売買サインが
消えてしまう場合があります(;^_^A

自宅のPCで24時間フル稼働は、電気代もかかりますし、
PC再起動もできないため、色々と不都合があるのですが、
その点、お名前.comのWindowsデスクトップなら安心です。

国内大手MT4業者が採用

お名前.comのWindowsデスクトップは、
信頼性やセキュリティ、パフォーマンスで高く評価されています。

Meta Trader4を取り扱う大手業者のForex.comアルパリジャパンも採用しています。

VPSの利用なら、お名前.comのWindowsデスクトップがおすすめです。

外出先から接続可能

お名前.comのWindowsデスクトップは、ノートパソコンや
iPhone、iPadを利用し、外出先からアクセスが可能です。

ちょっとした裏技として、ライセンス管理されていて、
1台にしかインストールできないようなソフトを
お名前.comのWindowsデスクトップにインストールします。

こうすることにより、自宅のPCはもちろん、
他のノートPCやiPhoneからでもWindowsデスクトップにアクセすることで、
本来1台でしか動かせないソフトをどこからでもアクセスできます。

総合評価

お名前.comのWindowsデスクトップは
MTによる自動売買取引に欠かせないサービスです。

私も本当は利用したいのですが、スナッチの自動売買が
ぽちっとVTを経由して実現している関係上、
Windowsデスクトップでは動きません(;^_^A

この先、スナッチの運用を停止することがあったら、
すぐにでも契約したいサービスですね(笑)

プランとしては、メモリの容量の違いで、1GB・2GB・4GB・8GBが用意されていますが、
MT4の自動売買目的で利用するなら、1GBで十分です(;^_^A

料金は1年契約なら、2,268円/月で利用できます。

自動売買用にもう1台PCを用意すること、
毎月の電気代を考えると、むしろお得な料金だと思います。

FX自動売買用にVPSをお探しの方は、
お名前.comのWindows デスクトップをオススメします。

お名前.comのWindows デスクトップのお申し込みはこちらです↓↓↓


FXの自動売買に最適の環境





あなたの応援が記事更新の活力になります。

1日1回のランキングの応援ポチありがとうございます♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 人気ブログランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ