ナイトゼロFX2012 ロボットシグナル版 レビュー・検証


ナイトゼロFX2012 ロボットシグナル版が発売されました。早速、レビュー・検証を行なってみます。

こんばんは!みかです。

昨年、好調な成績で推移しながらも、
2013年版配信サービスへの移行のため、販売終了となったナイトゼロFX。

そんなナイトゼロFXがロボットシグナル版として、帰ってきました!

私も先週からデモ口座で稼働してみましたので、
早速、検証レビューしてみます。

ロボットシグナル版とは?

2012年のナイトゼロFXは定時メール配信により、
エントリー情報が配信されていました。

ロボットシグナル版では、フォレックスドットコムの
MT4を利用することにより、シグナルが配信されます。

あゆみインベストメントの2013年版配信サービスを
受けたことがある方ならお馴染みの配信方法ですね(^^

違いとしては、ロボットシグナル版では、
自分でメタトレーダー4の設定をする必要があります。

ただし、こちらは動画マニュアルも用意されているため、
初心者の方でも簡単に設定することが出来ると思います。

異なる2つのロジックを搭載!

ナイトゼロFX2012 ロボットシグナル版には、
2つのロジックが搭載されています。

1つは2012年に配信されていたロジックと同じオリジナル版。
そして、もう一つが2013年に急激に変化した
相場状況も加味したVer.0.2版です。

それぞれ、ユーロドル版とポンドドル版が用意されています。

ご存知のように2012年末から2013年にかけて、
急激に円安が進行しました。

オリジナルのロジックだけでは通用しなくなっている可能性もあるため、
2013年の相場に適したロジックを別に搭載したみたいですね(;^_^A

どちらを使って良いか迷う所ですが、
私は2つとも同時運用してみる予定です(^^

月額制から買い切りへ!

昨年メール配信されていたナイトゼロFX2012は初月無料、
翌月以降、月額9,800円でサービス提供されていました。

ロボットシグナル版では、買い切りタイプとなりましたので、
一度購入すれば、以降は月額課金されることはありません。

4月以降は29,800円となる予定ですが、
3月中の購入なら19,800円なので、早めの購入がお得です!

ナイトゼロFX2012の評価は?

ナイトゼロFXの自動売買版が出るとは聞いていましたが、
思っていたよりも良心的な値段設定でしたね。

3月中の購入なら、約2ヶ月分の月額料、
4月以降の購入なら、約3ヶ月分の月額料で、
永続的に利用できるのはお買い得だと思います。

唯一の不満としては、EAとしての提供でありながら、
FX証券会社の縛りがありそうなこと。

EAなら自動売買に出来るんじゃない?と思って、
アルパリジャパンとFXトレード・フィナンシャルの
MT4に設定してみましたが、動きませんでした(;´▽`A“

販売者さんにも確認を取って見たのですが、
フォレックスドットコム以外での動作保証は無いそうです(;^_^A

どうせなら、MT4を提供しているFX会社のリアル口座で
自動売買できるようにしてもらいたかったですが、
値段も安いので文句は言えません(笑)

それに、スプレッドを加味すれば、あくまで
ナイトゼロFX2012ロボットシグナル版は売買サインを確認して、
注文は通常のFX会社に出した方がスプレッドはお得ですからね。

で、早速私も本日の0時分からリアル口座での運用を開始しましたが、
既にポンドドル版は2つ合わせて+160pipsゲット(*´∀`*)

ユーロドル版も含み益で推移しているので、良いスタートを切れそうです(^^

あゆみインベストメントの2013年版配信サービスが、
クロス円中心の配信を受けているので、リスク分散の意味でも
ナイトゼロFX2012ロボットシグナル版の運用は良さそうですね♪

昨年、ナイトゼロFX2012を申し込もうと思ったら、
販売終了で申し込めなかった方。

3月中なら19,800円のお買い得価格で入手できるので、
この機会にご検討下さい(^^


ナイトゼロFX2012ロボットシグナル版

ナイトゼロFX2012ロボットシグナル版の詳細はこちらをご覧下さい↓↓↓

ナイトゼロFX2012 ロボットシグナル版 検証レビュー





あなたの応援が記事更新の活力になります。

1日1回のランキングの応援ポチありがとうございます♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 人気ブログランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ