MT4 Build600アップデートに伴うEAセットアップ方法の変更


MT4 Build600アップデートに伴うEAセットアップ方法の変更MetaTrader4ことMT4が2月3日にBuild600に大幅アップデートしました。EAのセットアップ方法が変更になっているので、ご注意下さい。

こんばんは!みかです。

先日、FX取引ツールのMetaTrader4ことMT4が
Build600に大幅バージョンアップしました。

このバージョンアップにより、
EAのセットアップ方法が変更になりましたので、注意が必要です。

    ◆MT4のバージョンの確認方法◆

  • 1. MT4を起動
     
  • 2. [ヘルプ] ⇒ [バージョン情報]をクリック
     
  • 3. 「Build xxx」のxxx部分がバージョン番号になります。
    ◆Build600のEAセットアップ方法◆

  • 1. MT4を起動し、[ファイル] ⇒ [データフォルダを開く]をクリック
     
  • 2. 起動したフォルダ一覧の中から[MQL4]フォルダを開く
     
  • 3. EAは「Experts」に、インジゲーターは「Indicators」に、ライブラリーファイルは「libraries」フォルダにコピー
     
  • 4. MT4再起動でナビゲーターウィンドウにEAが反映されます。

今までは、EAをコピーする場所が
「MetaTrader4 > Experts」で固定でしたが、

Build600になって、
「MQL4」というフォルダの下に移動しました。

厄介なのがOSによって、「MQL4」フォルダが
格納されている場所が異なるという点です(;^_^A

特にお名前.com デスクトップクラウドなどのVPSで、
主に使われている「Windows Server 2013」では、
MT4インストールフォルダ内に「MQL4」が出現しません。

今後は上記手順で、EAやインジゲーターを
コピーする場所を探して頂いた方が確実ですね。

Build600へのバージョンアップにより、
システムトレードの各種設定マニュアルも変更になると思いますが、
現時点では反映されていない所がほとんどです。

既に、私の所にも

「MT4のナビゲーターウィンドウにEAが反映されません」

というお問い合わせを複数頂いていますので、
同じ症状の方は、バージョン確認と上記手順を試してみて下さいね(^^





あなたの応援が記事更新の活力になります。

1日1回のランキングの応援ポチありがとうございます♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 人気ブログランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ