為替予想 ギミックは損小利大のトレンドフォロー型システム!


為替予想 ギミックは損小利大のトレンドフォロー型システム!FX為替予想 ギミック(GIMMIC)は損小利大のトレンドフォロー型システムです。2013年のようなボラティリティが高く、トレンドが発生しやすい相場で大活躍する可能性大です(^^

こんばんは!みかです。

2013年の1月7日より運用を開始した為替予想 ギミックですが、
今週は既に+574pips獲得と非常に調子が良いです(^^

為替予想 ギミックは長期に渡り安定した実績を残した
スナッチの進化版システムとして誕生しました。

ギミック、スナッチ共に損小利大のトレンドフォロー型システムですが、
スナッチの長所はそのままに、スナッチの短所を補う形で、
誕生したのがギミックとなります(・∀・)

で、実際にどこが進化したかというと、

全19通貨ペアに対応!

しました。

ギミックに限らずですが、損小利大のトレンドフォロー型システムの欠点は、
レンジ相場に弱いということです(;^_^A

3年間無敗を誇っていたスナッチも、
昨年の低ボラ、レンジ相場に初の年間マイナスを記録してしまいました。

スナッチは7通貨ペア、クロス円が中心だったのに対し、
ギミックは19通貨ペア対応、クロス円以外の通貨も取り込むことで、
レンジ相場における弱点を補っています。

どうしても1つの通貨ペアのみで取引していると、
低ボラ、レンジ相場は必ずあり、成績を落とす時期があります。

これを19通貨ペアに広げることにより、
どれかが低ボラで調子が悪くても、どれかがカバーすることで、
レンジ相場におけるリスクを限りなく抑えています。

どうしてもスナッチが対応していたクロス円のみだと、
相関関係が強いため、同じような値動きをしてしまいます。

ギミックは、クロス円以外の通貨ペアを採用したことで、
さらなるリスク分散が実現されています。

そして、もう1つ進化した点が完全自動売買対応!

前身のスナッチは非常に優秀なシステムだったんですが、
欠点として補助ツールを使わないと自動売買化ができませんでした。

ギミックでは、販売元が正式に自動売買版を作成してくれたため、
一度初期設定完了すれば、完全放置することが可能になりました。

この2つの進化をしたことで、
ギミックは非常に使いやすいシステムになったと思います(^^

FXにおいて、長期に渡って通用する、
安定して稼げるのは、やはり損小利大系のトレンドフォロー型システムです。

中にはコツコツ利益確定して、高勝率で勝っていくシステムもありますが、
大抵の場合、特定の相場のみに最適化して作られているため、
短命で終わることが多いです(;^_^A

2013年は1月よりボラティリティが高く、
大トレンドが発生しやすい相場が続いているため、
ギミックのようなトレンドフォロー型システムは大活躍する可能性大です。

当ブログで一押ししているMarket Hunt Systemは、
逆張り、カウンタートレンド系のシステムなので、
一方的なトレンド相場には弱い傾向があります。

もちろん、今後の相場がどうなるかは誰にも分からないのですが、
ギミックとMarket Hunt Systemの2つを組み合わせることで、
どちらの相場でもサポートできる
強力なポートフォリオが完成します。

既に同じくトレンドフォロー型のFXバックドラフトPROを持っている方は、
必要ないかもしれませんが、まだトレンドフォロー型システムを
持っていない方は、ギミックをオススメします(^^

FX為替予想GIMMICの詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓↓

為替予想 GIMMIC 検証レビューと特典案内





あなたの応援が記事更新の活力になります。

1日1回のランキングの応援ポチありがとうございます♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 人気ブログランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ