FXシステムトレード ソフトの種類


FXシステムトレード ソフトの種類

FXシステムトレードのソフトには
大きく分けて以下の4種類があります。

  1. 自動売買系
  2. システム系
  3. システム+裁量系
  4. 配信サービス系

それぞれの特徴を解説していきます。

 

自動売買系

システムによる売買判断はもちろんのこと、
FX業者に対する注文も自動で行なってくれるソフトです。

主にMeta Trader4やVTTrader2といった
自動売買用の無料取引ツールを使って運用します。

自動売買系のメリット

一度初期設定さえすれば、完全放置が可能なため、
忙しいサラリーマンの方や主婦の方など、
時間帯を選ばずに、誰でも簡単に運用することができます。

自動売買系のデメリット

ソフトによっては、パソコンの常時起動が必要になります。

ただし、お名前.comのリモートデスクトップを利用することで、
自宅のパソコンの電源OFFで運用することも可能です。

お名前.com リモートデスクトップでFX自動売買する3つのメリット

 

システム系

システムからの売買指示を元に、
FX会社への注文は手動で行います。

朝一や夕方など、あらかじめ決められた時間帯に、
ソフトによる売買判断を行い、発注を行うケースが多いです。

システム系のメリット

システムによる売買指示があった時だけ、注文を出せば良いので、
パソコンを常時起動しておく必要はありません。

また、決められた時刻に取引を行うシステムが多いため、
サラリーマンや主婦の方向きです。

システム系のデメリット

自分で注文を出す必要があるため、
自動売買系に比べると手間がかかります。

 

システム+裁量系

システムによる一定の取引ルールは決まっているものの、
最終的な判断は自分の裁量で注文を出します。

裁量による自由度があるぶん、
FX上級者の方はもっとも利益を出しやすいです。

システム+裁量系のメリット

リーマンショックや円売り介入のような
大相場の場合でも柔軟に対応できる。

システム+裁量系のデメリット

システムとチャートを監視する必要があるため、
FXと向き合う時間が多くなってしまう。

 

配信サービス系

主にメールによる売買指示を元に、
自分でFX業者に注文を行います。

定刻に配信されるサービスから、
不定期に配信されるサービスまで様々です。

配信サービス系のメリット

メールが配信された時だけ注文を行えば良いので、
外出中でも気軽に取引できる。

配信サービス系のデメリット

メール配信元がポジションを取ってから、
実際に配信されるまでにタイムラグがあるため、
配信時のレートと実際のレートが乖離しているケースがある。

 

以上になります。

どのシステムも一長一短あります。
メリットとデメリットを理解して、

自分の環境にあったシステムを選ぶことが重要です。

次のページでは具体的にどのような観点で
システムを選ぶべきか?ポイントを解説します。

>>> リスク分散が大事!システムトレードの選び方


あなたの応援が記事更新の活力になります。

1日1回のランキングの応援ポチありがとうございます♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 人気ブログランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2012/03/24

このページの先頭へ