くりっく365と店頭FXの違い、メリットとは?


くりっく365と店頭FXの違い、メリットとは?くりっく365と店頭FXの違い、メリットとは?今や知る人も少なくなった取引所取引と店頭FXについて解説します。

こんばんは!みかです。

ブログ読者の方より、店頭FX(通常のFX)と
くりっく365の違いについて質問を頂きました(^^

今や知る人も少ないと思いますが、

FX取引には、大きく分けて、店頭FX取引(普通のFX業者)と
取引所取引(くりっく365)の2種類があります。

個人でもFX取引が出来るようになったのが1998年からでしたが、
当時は悪徳なFX業者も多い状況だったようです。

こうした中、FXの健全性・透明性を高めるために登場したのが、
取引所取引(くりっく365)です。

現在は店頭FX業者も信託契約義務化や
ロスカット基準の明確化、レバレッジ整備が進んでいるため、
FXの健全性・透明性という意味ではどちらも大差ありません。

個人投資家にとって、くりっく365と店頭FXの
最も大きな違いが税制面での優遇措置でした。

2012年以前は、店頭FXは総合課税だったため、
所得が増えれば増えるほど、税率が上がって行きました。

一方、くりっく365は申告分離課税で税率一律20%のため、
所得が330万円を超える人は、くりっく365を使うことで、
税制面で大きなメリットがありました。

ただし、こちらも2012年1月以降は店頭FXも
申告分離課税で一本化されることになりました。

そんな訳で現在は、店頭FXとくりっく365で
大きな差はほとんどど無いです。

むしろ、くりっく365は色々と制約も多く、
取引手数料を取られる所も多いため、減少傾向にあります。

スプレッドも店頭FXの方が狭いので、
これからFX口座を開設するなら店頭FXがオススメです(^^

こちらにオススメの店頭FX口座をまとめていますので、
参考にして下さいね!

FX証券会社 人気ランキング





あなたの応援が記事更新の活力になります。

1日1回のランキングの応援ポチありがとうございます♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ 人気ブログランキング

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ